医療事務 資格取得ガイド

医療事務 資格取得ガイド

◆取りたい資格◆


(医療・介護・福祉住環境コーディネーター2・3級)
ニチイの「まなびネット」
病院・クリニックでの医療事務職に就くにあたり、医療事務ってどんなことか、また、資格取得についてご案内しているサイトです。あれこれ迷う前に、案内書(無料)を取寄せてお決めになればと思います。関心がおありの方は、介護、福祉住環境、保育の資料なども併せてお取り寄せ下さい。

医療事務試験:一般には以下のようなことだと思っていただいたら良いと思います。

医療事務は医療機関での治療費の計算、保険点数の計算など、会計業務、保険料等の請求書類の作成、保険事務所に提出する請求業務、またカルテの作成・管理業務、レセプト(医療保険の報酬請求)業務医師や看護婦との連絡業務などがあります。

したがって、専門的な書類の作成技術や計算能力に加えて、医学や薬学の知識も必要な仕事です。
このような事務職の専門家を医療機関で育成するのは手間がかかるため、これらの資格を専門の教育機関で学習していれば、医療機関で働きやすくなり、また就職するうえでも有利になります。
特に厚生労働省認可の「診療報酬請求事務能力認定試験」は、以前からある試験に比べ、試験内容や基準が統一されており、合格者のレベルに客観性があるといえます。

現在は、医療事務に関する基礎知識と、医療事務現場に欠かせないコンピュータについての知識・技能を身につけるコースのある学習機関が多いと思います。

それは、修了後、即戦力として現場で活躍できる力を養成することが目的だからです。
どこの学習機関で学んでも、コースが同じならば概ね目指すことは同じだと思ってください。

また、通学部では、医科実践コンピュータコースがあるところが多いと思います。

カリキュラムは、医療保険制度のしくみから点数算定の基礎、明細書(レセプト)の作成から接遇応対まで、医療事務者として必要な技能と知識を学習します。医療事務に必要なあらゆる基礎知識を修得し、実務能力を身につけることができるように構成されています。
さらにレセプトコンピュータの入力演習とロールプレイング形式のケーススタディなどのカリキュラムを加え、コンピュータ応用力と実務の即戦力を身につけます。

●受講料は学習機関により異なると思いますので、資料などを取寄せて検討されることをお勧めします。

【二つのコース】
コースには二つあります。
★医科コース:

カリキュラムは、医療保険制度のしくみから点数算定の基礎、明細書(レセプト)の作成から接遇応対まで、医療事務者として必要な技能と知識を学習します。
診療報酬や保険請求に関するあらゆる基礎知識を修得するようカリキュラムが組まれているのが一般的です。

★歯科コース:

歯医者さんでの医療事務は、基本的には医科の医療事務とあまり変わりませんが、病気や治療が口の中やまわりに限られていること、医療費の算定に独特の計算ルールがあると思ってください。
一般にカリキュラムは、保険制度や歯についての基礎知識に始まり、歯科治療や歯科医療事務についての知識や実務能力について学習すると思ってください。


日本には現在、日本医療事務協会(JMCA)というところがあります。
これは、昭和50年10月、医療事務スタッフ養成のために、医療事務講座を始めとする短期講座の運営、ならびに医療事務代行業を目的として設立されました。

その後、医療・歯科事務のスペシャリストとしてその確かな実力の証明となる
「保険請求事務技能検定試験」を主催。

現在は、保険請求事務技能検定試験の作成・運営、及び、対策教材の作成・出版を主に行っています。


◎介護福祉士になるには:

※年度により受験資格が変わります。

<平成26年度(第27回)と平成28年度(第29回)>

第29回試験からの主な変更点
1.実務経験ルートは、実務経験3年以上かつ実務者研修を修了した方が受験資格になります。

2.養成施設において、必要な知識及び技能を修得した方も、国家試験の受験が必要になります。

※(注意) 上記1および2の変更は、当初、平成27年度(第28回)試験から実施される予定でしたが、平成26年6月25日に「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」が公布され、実施が1年延期(平成28年度・第29回より)されました。受援資格の詳細はネット上で検索していただけばすぐに分かります。

◇社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士試験の受験資格、実施方法などの試験の情報
社会福祉振興・試験センター TEL 03-3486-7559 



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


さまざまな資格取得ページ


資格のアビバ【資格対策講座】



◆作成者よりご案内

◇教育訓練給付について

◎病院と診療所



おすすめ講座
 =通信通学

《通学と通信とAV》
ニチイ学館
「介護と医療のまなびネット」
介護・医療をトータルサポートする「ニチイ」が医療専門資格取得講座の案内を
無料で提供しております。
※通信と通学のいいところを取ったオーディオ・ビジュアルスクール


   

◎ニチイのまなびネットでは、
「ベビーシッター講座」があり、
保育士資格を取得したい方、
ベビーシッターとして転就職し
たい方に人気のある講座となっ
ています。

◆ニチイの「まなびネット」
(福祉住環境コーディネーター)



《通信》
がくぶん総合教育センター
通信教育で80年以上の歴史と実績があります。資格・スキルアップから趣味・教養まで多数の通信講座を開講。情報満載のくわしい案内資料を無料で進呈中です。
以下リンク先で上部右はしの
資料請求』をクリックしてください。

医療事務は、教育訓練給付支給対象講座です。下の
バナーをクリックしてください。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


保育士

医療事務





◆資格取得の通信講座は、案内書(無料)を取寄せて、ご自分にマッチしたところを選びましょう!



《ご案内》下記より無料案内書をお取り寄せください。
◆通信教育のがくぶん (※リンク先で、『資料請求』をクリックしてください。
医療事務は、教育訓練給付支給対象講座です)

◆ニチイの「まなびネット」
ニチイのまなびネットでは、「ベビーシッター講座」があり、保育士資格を取得したい方、ベビーシッターとして転就職したい方に人気のある講座となっています。

Copyright © 取りたい資格 All Rights Reserved.